ミステリヤ・ニッキNo.22(泉)

 

「此処でない 何処かへ
今でない いつかへ」

永遠のテーマですね。直さんの作品の。
そしてもちろん この7年間の私たちシアターファクトリーの作品のテーマでもありました。

 

人生 折り返し地点を過ぎても 10代の時と何ら変わらず、まだ何を捜し迷いながらあてのない旅を続けているこの感じ。

なぁんだ、年をとるって、大人になるって、落ち着く事だと思ってたのに…。

むしろ昔よりも増す欠落感。…何コレ??

 

 

「此処でない 何処かへ
今でない いつかへ」

年齢も、性別も、生活の事情も各々違い、きっと捜し求めているものも様々違う私たちが、
偶然「松本」という地で出合い、1つの演劇作品を創り上げていく…

その時 私たち、そして観客の方々は「何者でもない ただの人間」となり、一緒に旅に出るのだろうか…。

 

「道があったので 歩いていた。
気がつくと 仲間がいた。」

つぶやきのような、詩のような セリフをかみしめて…

ぜひ1度だけでなく、2度、3度と観て頂きたい と思います。

 

(泉)



まつもと演劇工場メンバーによる「ミステリヤ・ニッキ」です。
ミステリヤ・ブッフについての詳細は「公演情報」ページをご参照ください。

まつもと演劇工場6期生・作品『ミステリヤ・ブッフ』

2018.01.19