ケンジ制作記5 (Yuka)

初めまして。
私はYuka。
演劇工場で初めての演劇体験をしています。
“ずっとずっと演劇を学ぶことに焦がれていた”
というわけではありません。
だけど今、まつもと市民芸術館に魅了され、ココにいます。

遡ること4年前の冬のある日、私は出張で松本駅前にいました。その時人との出会いにより『まつもと市民芸術館』の存在を初めて知ったのです。

同じく4年前、私は、なぜか東京から長野に移住してきました。
縁もゆかりもないこの地に、4年後の今もいるとは思いも寄らず……。

当時の自分の世界と『演劇』が、全くLINKするところがなかったにも関わらず、なぜかその時から『まつもと市民芸術館』と言う言葉が頭の中に残り続けました。

さて、月日は流れ昨年9月、『自分の中の壁を越えたい』という思いで演劇工場の仲間に入れていただき、ちょうど今、『えんげき』の『え』の1画目辺りに出会っているところです。

これを読んで下さっている皆さんの中には、もちろん‘演劇大好き’という方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、中には、‘ちょっと敷居が高いなぁ’と思う方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方へ………私みたいなメンバーもいるなら、と気軽に芸術館へ足を運んでいただけたら嬉しいです。

思えば、私と芸術館の物語は、4年前の松本駅前から、既に始まっていたような気がします。

そして、これを読んで下さっている皆さんと芸術館の物語は、今、もう動き出しているのかもしれません。

私たち演劇工場5期生は、とっても個性豊かな……一見すると不協和音のようなメンバーですが(内緒です♪)、工場長の直さんの下で、シンフォニーを奏で始めています。
そんな私たちが次に向かう場所は、コチラ↓

私たちの3月公演『ケンジ旅行記』を、皆さんと芸術館の物語の次なる1ページにしてみませんか?

“ただ芸術館のベンチに座ってみたい”、こんなきっかけの方もウェルカムです。

だって、本当に芸術館のベンチは素敵なんですから(*´ω`*)

どんなきっかけの皆さんも、
3月18~20日まつもと市民芸術館でお待ちしています!

~ Minami Yuka ~


まつもと演劇工場メンバーによる「ケンジ制作記」です。
ケンジ旅行記についての詳細は「公演情報」ページをご参照ください。

まつもと演劇工場5期生・作品『ケンジ旅行記ー道々の劇場ー』

2017.01.23